歯を失ってしまった方へ

こんな症状ありませんか?

歯が抜けてしまった
他院で製作した入れ歯に違和感がある
入れ歯で噛むと痛みがある
噛み合わせが悪く、強く噛めない

これらの症状がある場合、入れ歯の調整や、新たな入れ歯を検討する必要があります。当院では入れ歯治療において経験豊かな院長が、技術に定評のある有名な歯科技工士と連携し、ぴったり合う入れ歯製作を行っています。現在のお口の状態をしっかり見極め、最善の方法を検討しますので、まずはお気軽にご相談ください。

型取りからメインテナンスまで、丁寧に行います

当院の特徴は、院長一人でカウンセリングからメインテナンスまで全ての治療を行うところです。他院のようにたらいまわしにすることなく、一人の患者さんのお口を継続して診るため、入れ歯のように継続的に調整が必要な治療を得意としています。

また入れ歯は、噛みあわせなどの不具合が起きやすい義歯の一つ。そのため、腕の良い歯科医師と腕の良い歯科技工士にお願いすることが、良い入れ歯を作る際のポイントです。当院院長の入れ歯治療の腕は、提携している腕の良い有名歯科技工士のお墨付き。患者さんにぴったりと合う入れ歯製作をお約束します。

そして入れ歯の製作において、患者さんと医師のコミュニケーションも重要だと当院では考えています。歯科医師に言われるがまま入れ歯を作るのではなく、まずは一緒に「どの点が不満か?」「どんな入れ歯を希望するか?」といったお話から始めましょう。

無理に治療を促すことはありません。相談だけでも結構ですので、まずはお越しください。

  



一般的な入れ歯の製作工程

Step1

患者さんのお口の状態をチェックし、入れ歯が必要と判断した場合、最初に行うのが「型取り」です。型取りは患者さんに合う良い入れ歯が出来上がるかどうかを大きく左右する作業工程の一つ。型取りに自信のある当院院長が丁寧に行いますのでご安心ください。

Step2

歯科業界でも有名かつ確かな技術を持つ技工所と当院は提携。こちらで入れ歯を製作するため、ピタッとはまる良い入れ歯ができあがります。約1ヶ月~1ヶ月半ほど完成までにかかるため、現在お持ちの入れ歯の調子が悪い際は、当院で調整を施し、使いやすいようにします。

Step3

完成した入れ歯をはめていただき、1週間ほど使用していただきます。1週間に一度、定期的な微調整を行い、違和感のない状態まで丁寧にメインテナンスを行います。

当院で扱う主な入れ歯(義歯)の種類

入れ歯(保険診療)

保険診療の入れ歯の素材は、医療用のプラスチック。硬さがあるため、歯茎に負担がかかったり噛みにくかったりといったデメリットもありますが、何より自費診療の入れ歯と比較すると格段に価格が安いというメリットがあります。

金属床入れ歯(自費診療)

床の部分に薄い金属を使用するため、保険診療のものよりも装着時の違和感が少ない点が特徴です。また、熱伝導率の高い金属を使用しているため、食べ物の熱い・冷たいを口のなかで感じることができる点も、メリットの一つです。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

入れ歯のバネが見えるのが嫌だという方におすすめの、バネのない入れ歯です。バネがない分、入れ歯をしているとは思わないほど天然の歯によく溶け込みますが、価格が高い点がデメリットです。

ブリッジ

欠損した歯の両隣の健康な歯を支えとし、橋(ブリッジ)を渡す形で人工歯を取り付ける方法です。自然な見た目で違和感も少なく、外れるリスクも少ない治療法です。ただし健康な歯を削らなければいけない点や、強く噛むと支えの歯に負担がかかるといったデメリットもあります。

インプラントをご希望の方へ

インプラント治療をご希望する方、インプラントに関する疑問・質問のある方は、当院にご相談ください。インプラント治療のメリット・デメリットをお話ししたうえで、腕の良いインプラント専門医をご紹介します。