小児歯科

歯医者さんが怖いお子さんこそ、当院へ

「歯医者さんが怖い」というお子さんは多いのではないでしょうか。当院ではそのようなお子さんにも安心して検診や治療を受けられるように、段階を踏んだ治療を行っています。

例えば、歯科医院そのものに恐怖感を抱いているお子さんの場合、診察台で口すら開いてくれないことは多々あります。この場合、無理矢理口を開けて治療を行うのではなく、まずは第一段階として口を開けてもらうことから始めます。最初の治療は口を開けることから。次回来院時にはちょっとだけお口の中を見せてもらうなど、コミュニケーションを取り恐怖感をなくすことで、「この歯医者さんなら大丈夫」という信頼関係をつくっていきます。

少々時間はかかるかもしれませんが、無理強いしないことで、定期的に通ってもらえる環境を作ることが、子どもの歯を守ることに繋がると、当院では考えています。

小さなお子さんも、ぜひ連れてきてください

お子さんが小さくまだまだ手がかかる場合、他の患者さんの迷惑になるからと、通院したくともできないお母さんも多いのではないでしょうか。子供のうちの適切な治療は、大人になってからの永久歯の状態や歯並びにも影響するため、本来であれば赤ちゃんのころから定期的な健診が必要。しかし預けるところがないなどの理由で、来院されないお母さんが多いのも事実です。

当院はお子様連れのお母様でも安心して来院いただけるよう、受け入れ体制は万全。オープンスペースでの診察は、お子さんの対応だけでなく他の患者さんにも気を遣い大変なことが多いですが、当院は個室を完備しているので安心です。もちろんお母さんの治療中に、一緒の個室でお子さんに待ってもらうことも可能。小さな子どもの場合、個室内に簡易キッズスペースを用意しますので、そこで遊んでもらうこともできます。

診察台2つとアットホームな当院。貸切のような空間で他の患者さんに迷惑をかけることなく、お子さんもお母さんも一緒に治療を受けていただけます。

子どもの歯を守るフッ素塗布とは?

フッ素には「歯の再石灰化」「歯のエナメル質の強化」「虫歯菌の活動を抑える」といった効果が認められており、特にお子さんへの使用が重要だといわれています。なかでも乳歯から永久歯に生え変わったばかりの歯は、表面がまだ柔らかく溝も深いことから、虫歯になりやすいもの。この時期に虫歯を作ってしまう子どもが多いことから、定期的にフッ素を塗ることを当院では推奨しています。ご希望の方はお申し出ください。