一般歯科

当院が虫歯治療で大切にしている3つのこと

その1神経をむやみに抜きません

当院では、むやみに神経や歯を抜かない治療を基本としています。歯科医院によっては神経を抜くことをすすめる場合もありますが、神経を抜いてしまうと、以前よりも歯がもろくなってしまうのです。健康な歯を保つことを長い目で考え、本当にその患者さんにとって良い治療法を慎重に見極めます。

その2患者さんに寄り添った治療を行います

歯科治療は、頻繁に通院しなくてはならないといったイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。確かに治療内容によっては複数回の通院が必要ですが、忙しくて頻繁に通院できない場合は、当院にご相談ください。患者さんの意見を第一に、当院では治療計画を立てていきます。

その3保険診療を基本としています

審美治療以外の治療に関しては、保険診療を基本としています。虫歯は放置しても治ることはなく、悪化の一途をたどるばかりです。学生さんや高齢者の方など、費用面を不安視する方にも適切な治療を受けていただけるよう、高額な自費診療をすすめることはありませんので、ご安心ください。

痛くない治療への取り組み

痛くない治療のために、当院では電動麻酔やレーザー治療を導入しています。

電動麻酔は、コンピューター制御により適正な速度で麻酔を注入していく機械で、手動での麻酔注射に比べて痛みを非常に軽減することができます。歯の治療よりも麻酔の注射が怖いという患者さんも多いですが、電動麻酔は痛みが少ないのでご安心ください。またレーザー治療は、レーザー光線の照射によって虫歯や歯周病治療を行う方法で、従来の治療に比べて腫れや痛みを軽減することができます。

これまで「治療が痛いから行きたくない」と歯科医院を敬遠していた方は、このような取り組みを行っている当院へ一度お越しください。きっと、歯科治療のイメージが変わるはずです。

歯周病の主な症状

ブラッシングの際に血が出る
歯肉が腫れている
口がネバネバする
口臭がある
歯間に食べ物が挟まるようになった
歯肉が痛い・かゆい

これらの症状に複数個当てはまる場合は、歯周病である可能性が高いです。細菌感染症である歯周病は、口腔内を清潔に保つことで進行を食い止めることができます。

当院が歯周病治療で大切にしていること

日本人の実に8割が、知らないうちにかかっていると言われる歯周病。歯周病は口内の細菌により歯を支える骨が浸食されることで起こる病気で、そのまま放っておくと歯を失うことにもつながります。早い段階からケア施すことで、歯周病を食い止めることができるため、他人事と思わずに「歯から血が出る」「歯茎が腫れている」といった症状があれば、早めに対処することが必要です。

歯周病予防の対策としては、ご家庭での丁寧なブラッシングと、定期的な歯科医院でのクリーニングが何より重要となります。なかでも口腔内の菌を減らすことのできる日頃の歯磨き(ブラッシング)は、歯を失う可能性を減らすことのできる重要なポイント。当院では正しいブラッシング方法を丁寧に指導することで、まずは歯周病によって歯を失うリスクを減らしたいと考えています。定期的なメインテナンスのご案内もしておりますので、おかしいなと思ったら、当院にご相談ください。

治療の流れ

その1まずはお電話(042-384-6619)にてご予約のうえ、ご来院ください。

院長自らがカウンセリングから治療まで行う当院では、患者さんをお待たせしないためにも完全予約完を採用しています。急患の場合、当日診療も可能ですので、まずはお気軽にお電話ください。

その2問診表の記入とカウンセリング

問診表をご記入いただいたあと、診察ユニットにて院長とカウンセリングを行います。当院の方針は、患者さんの嫌がることや無理な治療を行わないことです。麻酔が怖い・痛みのない治療を希望するなど、どんなことでも良いですので、お話ください。患者さんとのコミュニケーションを図りながら、治療方針を決めてまいります。

その3検査

必要があれば、デジタルレントゲンを使用し、口腔内の検査を行います。当院で採用しているデジタルレントゲンは被爆量が少なく子どもでも受けていただけますが、妊娠中・授乳中の患者さんの場合は、お声掛けください。

その4治療とメインテナンス

忙しくてなかなか治療に通えないといった場合は、通院回数を極力減らせるように、治療を行います。治療終了後、歯の健康を守るためにも、定期的なメインテナンスにお越しください。健康お口の状態であれば、半年に一度、高齢者であれば3~4ヶ月に一度が通院の目安です。